ホルモンバランス整えるサプリランキング実力版

ホルモンバランスサプリランキング

  • イライラしやすい
  • 寝ても疲れがとれない
  • 最近やる気がでない
  • 生理の前になるとお肌の調子が悪い

 

このように感じている方はホルモンバランスが乱れているのかもしれません。ホルモンバランスの乱れには、マカ・ハーブ・ローヤルゼリーなどが有効とされています。

 

当サイトでは、最近なんだか不調が続くという方におすすめしたいサプリメントをランキングでご紹介しています。不調の理由がみつからない方、そろそろ更年期なのかしらとお考えの方、ぜひお試しください。

 

女性のミカタの特徴

アルコの女性のミカタは、PMS(生理前症候群)の諸症状に悩む女性におすすめのサプリメントです。むくみや肌荒れ・頭痛といった体の症状にむけた「すこやか編」、イライラや欝々などの情緒不安定な心の症状にむけた「やすらぎ編」の2タイプがあります。すこやか編は、女性ホルモンを整えるチェストツリーをはじめ各種のハーブを配合。やすらぎ編は、月見草オイルや大豆イソフラボンなどPMSを緩和する成分を配合しています。

価格 各980円
評価 評価5
備考 多数ハーブ配合

 

マカ・プラセンタの特徴

ケア&ビューティーのマカ・プラセンタは、生理前のイライラやむくみ、更年期の不調など女性特有の悩みをサポートするサプリメントです。健康に役立つ必須アミノ酸を豊富に含むマカ、潤いやハリなど美容によいプラセンタを配合しています。またハードカプセルを採用して、一粒により多くの有効成分を詰めています。1日あたり1〜3粒。初めて購入の方は、定期コースが初回500円(税込)。送料も無料です。

価格 500円
評価 評価4
備考 マカとプラセンタ配合

 

ローヤルゼリーキングの特徴

山田養蜂場の酵素分解ローヤルゼリーキングは、更年期以降を元気に楽しみたい方へおすすめのサプリメントです。品質管理を徹底した山田養蜂場のローヤルゼリーを一粒あたり800mg使用しています。新しいコーティングでローヤルゼリーの吸収力をUPした飲みやすい小粒タイプ。さらに味覚や肌を健康に保つ亜鉛を配合しています。

価格 1,080円
評価 評価4
備考 ローヤルゼリー配合

 

油っぽい肌はホルモンバランスの乱れの証拠?

 

肌が脂性に傾いているとき、ホルモンバランスの乱れが関わっている場合があります。生理が近づくと肌が脂性になり、顎のラインなどにニキビができやすくなるのは、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌が多くなるためのようです。

 

プロゲステロンは、排卵日を過ぎると分泌量が多くなるので、普段は肌が乾燥気味の人でも、生理が近くなると脂性肌に傾いてしまいます。プロゲステロンは、男性ホルモンに似た作用があり、皮脂の分泌が多くなります。ですから、生理が近づくと、肌が脂性肌になってしまうのは仕方がないことなのです。ですが、皮脂が多いと、ニキビができやすい状態になるので、できるだけ皮脂の分泌を少なくしたいところです。

 

そのためには、ストレスを減らすとよいでしょう。ストレスを感じると、コチゾールがストレスに対抗しようとして分泌されます。これによって、男性ホルモンの働きが活発になるので、皮脂の分泌が増えて、角質層が厚くなって、ニキビができやすい状態になります。「大人ニキビ」が治りにくいのは、このようなことが関わっているためでしょう。

 

また、症状を悪化させてしまい、化膿するとニキビの跡が残ってしまい、悩みの種になる可能性があるので、症状がひどいときは皮膚科を受診して適切な治療を行うようにするとよいでしょう。ホルモンバランスは、ほんの小さな原因でも乱れてしまいます。特に、若いときにはホルモンのバランスが乱れていることに気がつきにくく、多少の体調不良や生理痛や生理不順があっても、あまり気にせずに過ごしていることがありますが、年齢を重ねてから、いろいろな体や心の不具合になる可能性があります。

 

若いからと過信せず、若いときからホルモン場ランが乱れないように、食習慣や生活習慣などに気を配っていると、年齢を重ねても、ホルモンバランスが乱れにくく、体や心の変調を感じにくくなるでしょう。特に、ストレスは溜め込まないようにして、発散できるように趣味やスポーツなどを習慣にするとよいでしょう。

 

ホルモンバランスと体毛の関係

 

女性にも男性ホルモンが分泌されていますが、一般的には男性の10分の1程度しか分泌されていません。ですから、女性の腕や足の毛は、目立つほど生えていないのです。しかし、男性ホルモンは、体毛の発育をよくさせてしまうので、男性ホルモンの分泌が多いと体毛が濃くなり、生える量も多くなってしまうのです。ですから、腕や足の体毛を見ると男性ホルモンが優位になっているか、どうか、ということがわかります。

 

体毛には、「性毛」と「無性毛」の2つがあります。「性毛」とは第二次成長期に生えるようになる体毛のことで、男性ホルモンの影響を大きく受けています。そして、「性毛」には「男性毛」と「両性毛」の2つがあります。「男性毛」とは、ひげや胸毛、手、足などに生える、男性特有の濃くて太い毛を言います。「両性毛」は、わき毛や陰毛など女性でも、濃くて太く生えてくる毛を言います。女性が比較的、気にするのは「男性毛」に当たる、腕や足の毛で処理に時間をかけている人もいるでしょう。しかし、ホルモンのバランスを整えると、腕や足のむだ毛が気にならなくなるのです。

 

女性ホルモンを増やすには、睡眠を十分に取ることが大切です。睡眠のゴールデンタイムといわれている夜10時から深夜2時の間には、熟睡していることが重要になります。この時間帯は、成長ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンの分泌が活発になるので、

 

深夜遅くまで起きていないで、早めに寝るようにするとよいでしょう。そして、女性として「ときめき」を持つことも、女性ホルモンの分泌を促すことになります。年齢が若ければ、好きな人のことを思うだけで、「ときめき」を感じることができるかも知れませんが、年齢を重ねると難しくなりますが、芸能人や漫画、小説などでも「ときめき」を感じることができるでしょう。それから、毎日の生活にわくわくしたり、達成感を抱いたりすると女性ホルモンの分泌が促されるようになります。このように、女性ホルモンのバランスと体毛にはかかわりがあり、体毛を抑える作用があるのです。

更新履歴