女性ホルモン低下が薄毛や抜け毛を招く

女性ホルモン低下が薄毛や抜け毛を招く

女性ホルモン低下が薄毛や抜け毛を招く女性ホルモンと頭髪は無関係のようですが、実は関係があるようです。女性で薄毛や抜け毛が多く、悩んでいる場合は、女性ホルモンの影響を受けている場合があります。女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛に作用しており、女性ホルモンのバランスが乱れると、抜け毛や薄毛が目立つようになります。

 

エストロゲンには、コラーゲンの生成を促す作用があり、髪の毛を艶やハリ、コシなどに影響して健康な髪の毛に成長させる作用があります。しかし、女性ホルモンのバランスが乱れて、エストロゲンの分泌が少なくなると、髪の毛の艶やハリ、コシなどがなくなり、髪の毛が抜けやすい状態になってしまう可能性があります。

 

最近は、女性の社会進出も多く、男性並みに仕事をしているという場合もあるでしょう。すると、ストレスや過労などによって、体も疲れ果ててしまいますが、女性ホルモンのバランスも乱れやすい状態になっています。また、男性並みに仕事をしていると、不規則な生活になったり、外食が多くなったりしていることも多くあります。

 

すると、不規則な生活から、女性ホルモンのバランスが乱れるようになり、食事からホルモンの生成に必要な栄養素が摂取できない、などの影響が現れるようになります。このため、髪の毛に艶やハリ、コシがなくなるだけでなく、抜け毛が多くなったり、円形脱毛症などの脱毛症なども見られるようになったります。

 

さらに、ヒゲが生えてくるようになったり、体毛が濃くなったりするので、女性なのに、男性のような特徴が見られるようになっているかも、と感じたら、女性ホルモンの分泌が減って、男性ホルモンが優位になっている可能性があります。男性ホルモンのジヒドロテストステロンの分泌が多くなると、抜け毛や薄毛を進めるだけでなく、皮脂の分泌が多くなるので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、さらに抜け毛や薄毛を進行させてしまうことになります。

 

ですから、忙しいときでも、女性ホルモンのバランスが乱れないように、食事や睡眠不足にならないように、工夫するようにしましょう。