生理周期にあわせてスキンケア方法を切り替える

生理周期にあわせてスキンケア方法を切り替える

きれいな肌にしようと思っているという女性が多いと思いますが、毎日スキンケア方法は同じだという人もいると思います。ですが、美肌を目指しているのであれば、そのときに応じてスキンケア方法を帰るようにすることをお勧めします。そうすれば、さらに美肌にしていきやすくしていくことも可能になります。

 

毎日ちゃんとスキンケアをしているのに、定期的にニキビが出来てしまっているという人もいるかもしれません。この原因は生理周期にある可能性があります。肌というのは、一見常に同じ状態になっているように思われがちなのですが、実際のところは違っています。

 

生理周期によって、肌の状態がいいときもあれば、反対に悪いときもあるのです。ですので、生理周期を把握するようにして、肌にいい時期と悪い時期を知り、そのときにあわせたスキンケアをするようにする必要があるのです。肌が乾燥しやすい時期なのであれば、保湿を優先的にするべきですし、肌の状態がいい時期なのであればスペシャルケアを行うようにしてみましょう。

 

そうすれば、そのときの肌のコンディションにあわせたスキンケアをすることが出来ますので、肌トラブルになりにくくなります。スキンケアをばっちりしているのに、肌荒れなどのような肌トラブルになるのであれば、肌の状態にあわせたスキンケアをすることが出来ていないということになります.。

 

生理周期というのは、個人差があるのですが、整理が始まった初日から、次生理になる前日までの周期が28日だと仮定して解説していきます。生理が始まって7日の間は、体温が通常よりも下がってしまっているだけではなく、血液の流れも悪くなっています。そのため、保湿力も下がってしまっていますから、しっかり保湿成分を浸透させるようにしましょう。

 

そして、次の7日間は、エストロゲンが活発に分泌されている時期になっていますから、肌にハリがでやすいです。ですので、角質ケアを積極的に行いたい時期といえるでしょう。次の7日間は、徐々にエストロゲンの分泌量が減っていき、再び肌が乾燥しやすくなりますので保湿を忘れないようにしてください。

 

そして、最後の7日間は、一番肌の状態が悪くなりやすいです。皮脂を大量に分泌しやすくなりますので、毛穴が詰まってにきびができやすい時期になります。さらに紫外線に対して弱くなりやすいですので、しっかりスキンケアをするようにして、肌トラブルにならないように対策をしていかなくてはなりません。

 

ただし、スキンケアをしすぎてしまうと、肌に負担がかかりやすいですから、スキンケアをし過ぎないようにすることが大切です。このように、肌の状態というのは、4つの周期があり、その周期によって、肌のお手入れ方法も違っているのです。