女性ホルモンの分泌を促す食べ物とは?

女性ホルモンの分泌を促す食べ物とは?

更年期障害というのは、30代後半からなるものだと思っている人もいるかもしれませんが、最近は年齢に関係なく更年期障害になってしまうケースが多くなってきています。女性ホルモンは、ストレスや不規則なライフスタイルをしてしまっていると簡単に乱れてしまいます。

 

人間が持っている機能の制御をする働きを持っているのですが、女性ホルモンの分泌が乱れることによって、色々な症状が体に現れてしまいます。更年期障害というのは、女性ホルモンのバランスが悪くなってくる更年期の頃に発症しやすくなるのですが、若くても女性ホルモンのバランスが悪くなってしまっていると更年期障害になってしまうこともあるのです。

 

ですので、若いからといって、絶対に更年期障害にならないとは限らないのです。女性の場合、年齢に関係なく、女性ホルモンが活発に分泌されるように促進してくれる栄養素を積極的に摂取するべきです。では、どのような栄養素が女性ホルモンの分泌を促進してくれるのでしょうか?

 

女性ホルモンの分泌を促進させる作用として、一番有名になっているのは大豆イソフラボンではないでしょうか?大豆イソフラボンは、抗酸化作用が高いとして知られているポリフェノールの仲間になっています。大豆を原料にして作られている食品に、この大豆イソフラボンが含まれています。

 

ですので、大豆自体を食べてもいいですし、納豆や豆乳、味噌などといった大豆食品を食べても、大豆イソフラボンを摂取することが出来るようになっています。ただし、あまり多くの大豆イソフラボンを摂取してしまうと、反対に体が不調になってしまうこともありますので、1日に最大でも70mgくらいまでに留めるようにしましょう。なお、サプリメントも活用するのであれば、30mg以内にしておいたほうがいいでしょう。

 

実際のところ、女性ホルモンを食事のみで十分に分泌させるというのは難しいものです。ですので、ホルモンバランスが乱れないように、原因を取り除いていかなくてはなりません。そのためにも、まずしなくてはならないことは、生活習慣を規則正しくするということです。

 

生活習慣を規則正しくしつつ、食事で栄養素をしっかり摂取することによって、女性ホルモンも安定して分泌されるようになるでしょう。反対にいくら食事だけ意識をしていたとしても、大元の原因が残ってしまっているのであれば、またいつホルモンバランスが乱れてしまうか分かりませんし、根本的な解決をすることは難しいのです。