セックスをすると女性ホルモンが分泌されるって本当?

セックスをすると女性ホルモンが分泌されるって本当?

女性でも羨むようなスタイルの女性も大勢いますが、そこまでホルモンバランスとスタイルというのは関連性がありません。ウェストをヒップのサイズで割って0.7になっているのであれば、ホルモンバランスが整っているとされています。しかし、どれだけスタイルがよくても、生活が不規則になってしまっている場合、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。

 

まず見た目で判断するための方法として、毛髪や肌にハリがあるかどうかを見るという方法があります。逆を言えば、美人であったり、スタイルがいいからといって、女性ホルモンが活発に分泌されているとは限らないのです。ホルモンバランスが整っていれば、肌の状態もよくなりますし、女性らしい体つきに近づけることも可能です。

 

よくフェロモンとホルモンは同じようなものだと考えている人もいるのですが、実際のところは全然違っています。そもそもフェロモンというのは、実際に存在しているわけではありません。動物が、お互いの意思を確認するために、においを放っているのがフェロモンといわれるものです。

 

危険が迫っていたり、発情しているかどうかを確認するために、フェロモンを嗅いでいます。人間は言葉などでお互いの考えていることなどを伝え合うことが出来るようになっていますから、動物のようにフェロモンを放つことはありません。また、フェロモンを嗅ぎ取るための部位も、もう使われていませんから、フェロモンを嗅ぎ取るということも出来ないのです。

 

更年期障害とプレ更年期の違い
ここ最近、プレ更年期といわれる言葉が使われたりすることも多くなってきているのですが、このプレ更年期というのは、どのようなものなのでしょうか?まだ若いのに、体がのぼせてしまったり、イライラしてしまうといった更年期障害の症状が出てしまうのが、プレ更年期といわれるものです。

 

しかし、更年期障害とプレ更年期には違いもあります。本当の更年期障害になる年齢というのは、卵巣の機能が低下してしまって女性ホルモンを十分に分泌させることが出来なくなってしまっていることが原因です。

 

しかし、プレ更年期の場合は、視床下部が生活習慣やストレスなどによって、正常にホルモンを分泌するように指令を出すことが出来なくなってしまっていることがが原因になっているのです。更年期障害とプレ更年期は、症状自体は同じようになっているのですが、症状が起きてしまう原因というのは全然違っているということです。